HOME > 麻酔科(ペインクリニック) > 多汗症の治療 コラム 診療概要 ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 帯状疱疹後神経痛の予防注射 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 多汗症の治療 脇の下の多汗症を治療いたします。 薬剤の注射により汗の量が減ります。 効果は4ヶ月から9ヶ月持続します。 保険治療です。 ご希望の方はお電話でご予約ください。→TEL:072-740-0230 原発性腋窩多汗症 薬、内分泌疾患、脊髄損傷、感染が原因でないもの 汗(水分)の量が多い状態でワキガ(腋窩臭)とは違う。 ・ボツリヌス療法による治療 保険診療で3割負担による ・作用:治療後2-3日であらわれ4〜9ヶ月持続。個人差あり。 完治目的ではないため症状があらわれたら再度治療。再度治療は4ヶ月以上あける。 ・療法を受けるにあたっての注意 脇の下に注射するため1日前から皮膚を傷つけないよう剃毛を行う。 1日前から制汗剤、デオラント剤の使用中止 3日前からの予約が必要 費用:22,640円(税込)(初診料含む)
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 更年期障害 子宮脱について 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン よくあるご質問(FAQ) メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療