HOME > 婦人科・産科 > 避妊と中絶 コラム 診療概要 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 更年期障害 子宮脱について 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン よくあるご質問(FAQ) メール(深見和之院長宛) 避妊と中絶 妊避方法について <低容量ピル>1周期(28日分)¥2,400〜¥2,500 毎日きまった時間に1回1錠服用することで99.7%の高いレベルの避妊率が得られます。 <緊急避妊ピル>¥9,350 性交渉後72時間以内にお薬を1錠服用してください。避妊効果は100%ではありません。 当院では、ヤッペ法より避妊効果が高く、副作用のすくない、レポノルレストレル錠を採用しています。 <避妊リング> 当院ではミレーナ(バイエル薬品)を採用しています。 ミレーナ挿入費:¥55,000 リング抜去費:¥1,650 ミレーナは、低容量ピルに較べ、避妊効果にすぐれ、加えて、月経量の減少、生理通軽減の効果があります。 挿入可能期間は5年です。 「もっと自由にピルを使ってみよう!」 服用法1:3週間ピルを服用して1週間休薬します。→28日周期で生理がきます。 服用法2:9週間連続してピルを服用し、3日間休薬します。→84日周期で生理がきます。 服用法3:出血してくるまでピルを続けます。 出血してきたら3日間休薬します。 避妊効果を保つため、最低21日間は連続してピルを服用します。→年間にくる生理の回数を減らします。 平均的な女性の生理周期を真似て、ピルは最初、服用法1で世にでました。しかし、実は生理周期はもっと長くてよいのです。服用法2、服用法3でも全く問題はありません。 昔の女性は、子供をたくさん産んだので、生涯の生理の回数は少なかった。現代女性は、生理の回数が多くて、それが現代女性の子宮内膜症を増やしているとも言われています。 煩わしい生理の回数をピルで減らして見ませんか。詳しくは、深見までお尋ねください。 中絶(妊娠12週未満)について 手術料¥110,000(手術翌日と1週間後の診察料を含みます) 検査料¥13,000(感染症、血液型)    この手術は、子宮の細い入り口(子宮頚管)から器械を挿入し、子宮の奥にある胎盤や胎児組織を吸引して取り出します。一般的には、この手術は医師一人で行われますが、当院では、術者とは別に麻酔専門医がついて、呼吸管理と疼痛管理を慎重に行います。術者は、手術に専念し、慎重に処置を行います。麻酔法は、静脈麻酔または腰部硬膜外麻酔です。手術は、掻爬法ではなく、吸引法で行います。手術当日、午前中に前処置を行い、一旦お帰りいただいて、午後に手術を行います。術後1日目、7日目に診療をいたします。手術に要する時間はおおむね15分程度で、その後1時間安静にしていただいてから、帰宅していただきます。 中絶手術のフロー図
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 更年期障害 子宮脱について 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン よくあるご質問(FAQ) メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛)